脱毛の基礎知識

暖かい季節になってくると、肌を見せる服を着る機会が増えてきます。
その場合、ムダ毛の処理をきちんとしたいと思う人は少なくないと思います。
脱毛には様々な方法があるため、知識がないまま行うと皮膚を傷つけてしまうなどのリスクがあります。
脱毛に関する基礎知識をしっかり持つことでそのリスクは回避できます。

脱毛の種類は、ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛、ワックス脱毛といった方法があります。
ニードル脱毛は最も古い脱毛法で、毛穴ひとつひとつに細い針を差し込んで毛を抜くやり方です。
針に微弱電流を流し毛根にダメージを与えることで毛が再生するのを防ぎます。
一本一本対応しなければならないために時間もかかりますし、肌へのダメージも大きくなります。
レーザー脱毛や光脱毛を採用するエステサロンや医療機関が増えたために、脱毛の方法としては主流ではなくなりつつあります。

レーザー脱毛は、レーザーの光で毛母細胞に熱によるダメージを与えることで脱毛する方法です。
レーザー脱毛は医療行為であるため、美容皮膚科などの医療機関でしか施術を受けることができません。
光脱毛より光の出力が強く、痛みを感じる度合いが強い分、満足できる薄さになるまでの期間が短いのが特徴です。
健康保険は使えないため費用は高くなります。
光脱毛は、基本的な仕組みはレーザー脱毛と同じですが、レーザー脱毛より光の強さが弱く痛みも少ないのが特徴です。
医療行為ではないため、エステサロンで施術を受けることができます。
施術の時間が短く、レーザー脱毛より安価になっています。

ワックス脱毛は、皮膚に直接、専用のワックスを塗り、一気に剥がすことで毛根から抜き取る方法です。
広範囲のムダ毛を一度に除去することができたり、自宅でやりやすいといったメリットはありますが、痛みが強く、人によっては肌のトラブルが起きやすいというデメリットもあります。


○特集
医療行為であるレーザー脱毛を受けられる新宿中央クリニックです・・・レーザー脱毛 新宿